楽天×東北大学「人材育成分野の連携」プログラム アントレプレナーシップ[楽天連続セミナー](参加費無料)

eビジネス・ITビジネスを牽引する楽天はどのようにイノベーティブなサービスを創出したのか

期日(全4回)/2019年11月14日、2019年21日、2019年12月12日、2020年1月9日、会場・時間/東北大学青葉山コモンズ2階大講義室 17時30分~19時

東北大学が楽天とアントレプレナーシップ人材育成の為の連続セミナーを開催します。

革新的なアイディアで急速に新規事業を立ち上げていくIT業界のアントレプレナー的存在である楽天から、
eビジネスの最前線を例にとり、いかにして楽天が新規事業を創出してきたか学びます。

文系・理系、学生・教職員問わず、1コマからどなたでも聴講可能です。

お申し込み

イベントスケジュール

全日程参加されても1日のみ参加されても構いません。

2019年11月14日(木)

AI・データ時代における新規ビジネスの作り方とその事例

コンテンツ内容(予定)
  • 日本におけるAIやビッグデータに関する研究開発・事業の現状
  • 楽天におけるデジタルマーケティングのユースケースのご紹介
講師

梶 佑輔(グローバルデータ統括部)、田中 湧也(グローバルデータ統括部)

2019年11月21日(木)

世界のAIトレンドと楽天の取り組み

コンテンツ内容(予定)
  • 世界のAIトレンドの紹介
  • 楽天のデータを用いたAIの活用事例紹介
講師

森 正弥(執行役員)

2019年12月12日(木)

楽天のキャッシュレス社会実現への挑戦と技術的課題

コンテンツ内容(予定)
  • R-Pay立ち上げ時の状況(新規事業立ち上げ)
  • キャッシュレスサービスとビジネスの概要
  • キャッシュレススタジアムを実施する上での技術的なチャレンジなど
講師

諸伏 勇人(楽天Pay)、池田 達也(楽天Pay)

2020年1月9日(木)

ビジネスにおけるAI/Big Data活用の可能性
~楽天の活用事例を踏まえて~

コンテンツ内容(予定)
  • ECビジネスにおけるAI/Big Dataの活用事項
  • 楽天におけるAI/Big Dataの活用事例のご紹介(商品価格最適化、キャンペーン表示の最適化など)
講師

大越 拓(テクノロジー統括部)

※内容が一部、変更になる場合がございます

お申し込み

講師紹介

森 正弥 Masaya Mori

楽天株式会社 / 執行役員 、 楽天技術研究所 代表

アクセンチュア株式会社を経て現在、楽天株式会社執行役員兼楽天技術研究所代表として世界各拠点を統括。日本データベース学会理事。日経ITイノベーターズエグゼクティブメンバー。IT協会常任幹事。過去に情報処理学会アドバイザリーボード、 経済産業省CIO育成委員会委員等を歴任。Rakuten Accelerator プログラムにおけるメンター等、 スタートアップへのメンター経験も多数。2013年日経産業新聞にて「40人の異才」に選出。著作に「ウェブ大変化パワーシフトの始まり」(近代セールス社)がある。

梶 佑輔 Yusuke Kaji

楽天株式会社 / グローバルデータ統括部

シンガポールのアセットマネジメント企業において、顧客管理システムの構築やコンサルティングに従事。その後、スタートアップ企業にてデータサイエンスチームの立ち上げや、消費者の購買サイクルの予測などを経験。楽天では、多様な事業から集まるデータと機械学習モデルを活用したビジネスモデルの構築などを担当。現在は、多国籍のメンバーからなるデータサイエンスグループのリードをしている。

田中 湧也 Yuuya Tanaka

楽天株式会社 / グローバルデータ統括部

大学卒業後、日本IBMにてデータ分析や自然言語処理技術によるコンサルティングに従事し、オフィス機器メーカーでの需要予測システムの構築や自動車メーカーの顧客データ分析などを経験。2019年、楽天株式会社入社。現在、楽天のデータサイエンステクノロジーを活用した外部クライアント向けコンサルティングや、同社初となる映画コンテンツのデジタルプロモーション支援などを担当している。

諸伏 勇人 Yuuto Morofushi

楽天ペイメント株式会社 / 楽天ペイ事業本部 マーケティング&編成部長

2010年、楽天株式会社に入社。楽天市場事業にてモバイルアプリの企画などを担当後、2016年、「楽天ペイ(アプリ決済)」のサービス立ち上げをリード。
現在、楽天ペイ事業本部マーケティング&編成部長としてサービス拡大戦略に従事。
ペイメント戦略室長も兼任。

池田 達也 Tatsuya Ikeda

楽天ペイメント株式会社 / ペイメントプロダクト部 チームマネージャー

大学卒業後、Sierやソフトウェアベンダーにてエンジニア、プロジェクトリーダーとして多数の開発プロジェクトを経験後、2018年に、楽天株式会社に入社。
「楽天ペイ(アプリ決済)」の開発プロデューサーとして大手加盟店への導入推進を担当。現在は、「楽天ペイ(アプリ決済)」サービス全体のプロダクトマネジメントに従事。

大越 拓 Taku Ookoshi

楽天株式会社 / ビックデータ部 部長

国内大手System Integratorを経て、2012年,楽天株式会社入社。現在、同社のデータ収集・管理・活用を担うビックデータ部の部長として、AI・データサイエンスを中心としたシステム企画・開発業務に従事。主にe-commerceの分野において、多くのAI・データサイエンス活用実績を持つ。日本をはじめとする各国の拠点、総勢約200名の開発組織を統括。

お問い合わせ
IT×アントレプレナーシップ事務局(東北大学研究推進部産学連携課)
〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻青葉6-6
TEL/022-795-5281
E-mail/tusg-r@grp.tohoku.ac.jp

本セミナーは楽天と東北大学との間で締結した包括連携協定の「人材育成分野の連携」の取組として、
アントレプレナーシップを醸成するためのセミナーとして行っています

先頭へ